「電王戦」に見た、人だからこその創造性

機械に取ってかわられるか「やはり人が大事」か?

チェスと比べても膨大な、将棋の選択肢

著者:水越康介(経営学者、首都大学東京准教授) 撮影:今井康一

先頃、将棋ソフトウエア対プロ棋士の団体戦、「電王戦」が話題になった。チェスの王者がコンピュータに敗れたという話は以前からあったが、将棋では難しいと言われてきたはずだ。

というのも、将棋は、相手の駒を自分の駒として利用できる分、チェスに比べて選択肢は膨大になる。いかにコンピュータの性能が良くなっても、対局相手の手を読み切ることは、そう簡単ではないという。

ところが意外なことに、今回の成績は将棋ソフトウエアの3勝1敗1分。コンピュータが勝利してしまった。

いよいよコンピュータの時代が来たという感じもするし、いやいや、これはまだ偶然のうちという指摘もある。僕自身は、将棋は子供の頃に遊んだ程度だし、今回のソフトウエアのアルゴリズムもよく知らない。プロ棋士には頑張ってほしいという気持ちだけが、何となくある。

次ページビジネスにおいても定番のテーマ「人VS機械」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。