「電王戦」に見た、人だからこその創造性

機械に取ってかわられるか「やはり人が大事」か?

チェスと比べても膨大な、将棋の選択肢

著者:水越康介(経営学者、首都大学東京准教授) 撮影:今井康一

先頃、将棋ソフトウエア対プロ棋士の団体戦、「電王戦」が話題になった。チェスの王者がコンピュータに敗れたという話は以前からあったが、将棋では難しいと言われてきたはずだ。

というのも、将棋は、相手の駒を自分の駒として利用できる分、チェスに比べて選択肢は膨大になる。いかにコンピュータの性能が良くなっても、対局相手の手を読み切ることは、そう簡単ではないという。

ところが意外なことに、今回の成績は将棋ソフトウエアの3勝1敗1分。コンピュータが勝利してしまった。

いよいよコンピュータの時代が来たという感じもするし、いやいや、これはまだ偶然のうちという指摘もある。僕自身は、将棋は子供の頃に遊んだ程度だし、今回のソフトウエアのアルゴリズムもよく知らない。プロ棋士には頑張ってほしいという気持ちだけが、何となくある。

次ページビジネスにおいても定番のテーマ「人VS機械」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT