電王戦を振り返る、将棋に必勝法はあるか?

人類対コンピュータの「ゲーム」を「ゲーム理論家」が考える

プロ棋士とコンピュータ将棋ソフト、5対5の真剣勝負

著者:安田洋祐(経済学者、政策研究大学院大学助教授) 撮影:尾形文繁

少し前の話になるが、4月20日まで5週にわたって、人類対コンピュータの頂上決戦が行われていたのをご存じだろうか。

日本の誇る伝統的なボードゲーム将棋の「(第2回)電王戦」と名付けられた真剣勝負で、現役プロ棋士5人と5つのコンピュータソフトが団体戦形式で戦った。

対局の模様はインターネットの動画サイトで生放送され、合計なんと200万人以上が勝敗の行方を見守ったのである。

結果は衝撃的だった。全5戦の通算成績はコンピュータ側の3勝1敗1引き分けで、プロ5名を擁する人間側を見事に下した。

最終局で、東京大学の研究者らが開発したソフト「GPS将棋」に破れた三浦弘行八段は、
「(自分の指し手の)どこが悪かったのかが、わからない」
「(GPS将棋には)つけいるすきがない」
とコメントしている。

プロ棋士界の中でも最高峰のA級に属する三浦八段をしてこう言わしめる、その圧倒的な強さを支えるのが、コンピュータのズバ抜けた計算能力だ。

次ページ最善手を正確に選び続けられる、安定した強さ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。