介護の世界から返り咲いた鬼才プロゲーマー

新世代リーダー プロゲーマー ウメハラダイゴ

ウメハラ ダイゴ
プロゲーマー
ウメハラ ダイゴ
1981年青森生まれ。日本人で初めてプロゲーマーという職種を築く。98年弱冠17歳で世界一の称号を獲得。その後、一時期ゲームの世界から身を引くが、2010年に世界的ゲーム機器メーカーMadCatzとプロ契約を締結。同年8月「世界で最も長く賞金を稼いでいるプロ・ゲーマー」としてギネス記録に認定される。2013年5月にはニューヨーク大学にプロのゲーマーとして初めて講師として招かれる。麻雀でもプロ並みの腕前を持つ。

人は夢をあきらめて大人になる。白球を夢中で追い掛けた少年は、プロ野球選手への夢を。ある者はサッカー選手になって活躍する夢を。

そんな者の中から、がむしゃらに夢を追い続け、厳しい淘汰を生き残った者だけが「一流」の栄冠を手にすることができる。

ここに「ゲーム」の道を選んだ少年がいた。1980年代後半、ファミコンブームが徐々に終焉を迎え始めたときのことだった。ウメハラダイゴ。後に「神の手」と呼ばれるプロ格闘ゲームプレーヤーの目覚めの瞬間だった。

世に「プロゲーマー」と呼ばれる人種は少ない。その第1号プレーヤーがウメハラだ。その名のとおり、「プロ」のゲーマーである。仕事は単純。とにかくプロとして「勝ち続ける」ことが至上命題だ。

ウメハラの歩んできた経歴はド派手だ。戦った試合の数は30万試合以上。弱冠15歳で国内を制覇し、17歳で世界一に輝く。2010年、「世界で最も長く賞金を稼いでいるプロゲーマー」としてギネスワールドレコードにも認定され、2013年5月にはプロゲーマーとしては初めて、ニューヨーク大学での講演も果たす――。世界中の格闘ゲーマーをして「最強」と言わしめるのがウメハラだ。だが、その輝かしいゲーマー人生は平坦なものではない。一時は引退し、麻雀の道へ。その後、勝負事とは無縁の介護の道に入ったこともあった。2010年、再びゲーム界に舞い戻り、今もなお、最前線で戦い続けるウメハラに話を聞いた。

次ページ『才能がある』なんて思ったことはない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT