今日で世界が終わるなら、何が「できる」か

「世界の終わり」が確定したら、市場がまず死を迎える

世界の「最終日」に実行できるプランは?

著者:安田洋祐(経済学者、政策研究大学院大学助教授) 撮影:尾形文繁

「もしも今日で世界が終わってしまうとしたら、何をしたいですか?」

突然こう尋ねられたら、どう答えるだろう。

「今日がその日だと思って、毎日を大切に生きましょう!」

なんて説教を垂れる気はないので、馬鹿げた質問と呆れる前に、ちょっとだけマジメに考えてほしい。

大好きな人と一緒に過ごす、最後の晩餐を堪能する、豪遊しまくる、思いっきり悪いことをする等々、いろいろな答えがありそうだ。

もう一つ質問をさせてほしい。

「その答えは、実現できるでしょうか?」

いざ世界が終わるとわかったときに、本当に実行できるプランかどうかを考えてほしいのだ。なぜこんなことをわざわざ確認するのかというと、おそらく皆さんの答えの大半が、実際には実現不可能だからである。いったいどういうことなのか、明らかにしていこう。

次ページ世界の終わりの日に律義に働く人は、きっといない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。