バスケットボール"3点シュートの罠"とは?

そして、経済政策は家計にどのような影響力を持ちうるのだろうか

バスケットボールのルール変更、その影響は?

著者:安田洋祐(経済学者、政策研究大学院大学助教授) 撮影:尾形文繁

バスケットボールの全米チャンピオンを決定するNBAファイナル。今年は最終第7戦までもつれこむ大接戦となり、結果は、マイアミ・ヒートがサンアントニオ・スパーズを下し、2年連続3回目のリーグ制覇を果たした。

このNBA(全米プロバスケットボール協会)が、94~95シーズンに興味深いルール変更を行っていたのを、ご存じの方はいらっしゃるだろうか。

バスケットボールの得点は、シュートを放った場所が一定のエリア内だと2点、それより外側からだと3点になる。点がたくさん入る試合の方が面白いということだろう、得点増加とそれに伴う人気アップを狙って、2点のエリアを実験的に狭くしたのだ。

はたして、思惑通りに得点は増えたのだろうか。皆さんにもぜひ予想していただきたい。

次ページその意外な結果とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。