今日で世界が終わるなら、何が「できる」か

「世界の終わり」が確定したら、市場がまず死を迎える

いつか終わるとしても、それは今ではないかもしれない

この謎を解くカギは、終末の日をめぐる情報が握っている。(1)世界の終わりがいつか確実に訪れることと、(2)その日がいつであるかを皆が正確に知っていることは、似ているようで、実はまったく異なる状況なのである。

具体的にいうと、(2)の場合、市場経済は今すぐに崩壊するが、(1)だけではそうはならない。終末の日がいつなのか正確にわかっていないかぎり、先に述べたようなドミノ倒しのロジックは成り立たないのだ。なぜなら、終わりのタイミングが特定できなければ、そもそも最初のドミノが倒れないからである。

いつ終わりになるかわからないということは、つねに「明日」がやってくる可能性を考えて、将来を意識しなければいけないことを意味する。これが「将来ちゃんと受け取ってくれる人がいるから自分も使うことができる」という形でお金の価値を生み出し、市場経済に秩序をもたらすことになるのである。

世界の終わりはいつかやってくる、でも、その日がいつなのかがわからない。この不確実性こそが、われわれの市場経済を支えているのだ。

さて、世界に終わりがあるように、連載にも終わりはやってくる。昨年から執筆を担当してきたこの「インセンティブの作法」も、おかげさまで予定されていた1年間の連載を無事に勤め上げることができた。今まで拙稿をご覧いただいたすべての読者の方に、この場を借りてお礼申し上げたい。

 

【初出:2013.9.14「週刊東洋経済(新成長ビジネス100)」】  

 

※「インセンティブの作法」は今回が最終回です。1年間、ご愛読ありがとうございました!

 

今こそ数学の学びなおしを、経済学のトピックから!『改訂版 経済学で出る数学: 高校数学からきちんと攻める』(編著:尾山大輔・安田洋祐、2013年、日本評論社)

 

制度設計を鋭く分析、経済学初心者にも理解しやすい丁寧な解説でマーケットデザインに触れられる『学校選択制のデザイン ゲーム理論アプローチ』(安田洋祐編著、NTT出版、2010年)

 

ソロモン王のジレンマや企業が直面する問題への経済学的解決のヒントが提示される『日本の難題をかたづけよう 経済、政治、教育、社会保障、エネルギー』(光文社、2012年)他のパートも豪華な執筆陣。現実問題に挑みながらも知的好奇心を刺激します!

 

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT