ジーユー、O2O型ショータイムの衝撃

「ビッグデータ」には興味なし!?

この春、ジーユーが行った”生着替え”ショーが話題に

この春、街頭の人々を熱狂させ、ネット上でも大きな反響を呼んだイベントがある。店頭のショーウインドーで繰り広げられる“生着替え”ファッションショーだ。

3人の外国人ファッションモデルが、音楽に乗せて陽気に踊りながらショーウインドーに登場。“リアルマネキン”に扮し、その場で春夏のおすすめコーディネートに次々と着替えていく。

消費者はTwitterで自分の好きなコーディネートを投稿し参加する。投稿内容は、ショーウインドーの横に設置されたモニターにリアルタイムに表示された。現場に来られない人のために、動画配信サービス「Ustream」でネット生中継まで行った。

音楽に乗り、踊りながらその場で着替えるモデルたち。店頭の人だかりから起こる手拍子。そしてその様子がTwitterの投稿で拡散されていく――。

この衝撃的なイベントの仕掛け人はファーストリテイリンググループの姉妹ブランドである「ジーユー」。ユニクロの“やんちゃな妹分”として登場、20代女性をメインターゲットにしたブランドだ。イベントは、今年4月に東京・池袋東口店、5月に大阪・心斎橋店で実施された。

ジーユーは、遊び心のあるトレンドのファッションを驚きの低価格で提供し、若い女性の心をつかみ成長してきた。2006年のオープンから7年間で215店舗(2013年5月末時点)を出店。同じファーストリテイリンググループの「ユニクロ」と比較しても2倍のスピードで店舗を拡大している。

12年8月期の売り上げ規模は約580億円(前年度比180%)。13年8月期は、さらに4割増収の売上高800億円を目標としている。

テレビCMよりも早い!安い!

ジーユーが展開するO2O(オンライン・ツー・オフライン)は、消費者に驚きや感動の体験を与えることに価値を置く。「生着替えファッションショー」は、まさに見物客を興奮の渦に巻き込んだ。ネットメディアを使って、春夏コーディネートの認知を高めた。

ネットメディアの特徴である「リアルタイム性」や「情報拡散の速さ」を、リアル店頭の施策と見事に連携させている。イベントの告知から終了後に至るまで、すべてネットメディアを使った。

次ページネットだけでイベントをどう成功させた?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT