青山に、江戸のグラビアアイドルを見に行く

根津美術館「やきものが好き、浮世絵も好き」

浮世絵は分業で作られた。下絵を描く絵師、彫師、刷師の手を経て完成する。「絵師だけでなく彫師、刷師も重要です。下絵の魅力がどれだけ引き出されるかは、彼らの技術にかかっていました。初刷りには絵師の意向が反映されやすいのですが、後のほうの刷りになると、必ずしも絵師の指示どおりではなくなってきます」と野口さんは話す。

喜多川歌麿と並び、東洲斎写楽も人気を集めた。しかし生涯の制作期間はわずか10カ月と短く、謎の絵師と言われている。野口さんは、「10カ月の間に、圧倒的な存在感を放つ役者絵を残しました。役者の特徴を強調し、デフォルメするのが写楽の特徴です。決して美化しないので、役者自身は嫌だったのでは。写楽の流行が短期間に去ってしまったのは、あまりにも個性的に描きすぎたためという説もあります」と言う。

『富嶽三十六景 凱風快晴』
葛飾北斎 江戸時代 天保2-5年(1831-1834) 山口県立萩美術館・浦上記念館蔵 前期展示

浮世絵には植物染料が使われているので退色しやすい。とりわけ青や紫はくすみやすいという。この葛飾北斎『富嶽三十六景 凱風快晴』は色がよく残り、シミもなく、完璧な状態と評されている。凱風(がいふう)とは南風のこと。秋の空にいわし雲が浮かび、そそり立つ富士山を朝日が赤く染めている。

そもそも江戸時代に多色刷り版画が普及したのは、暦を作るためだった。「太陰暦が使われていたので、29日までの月もあれば30日までの月もあり、それが年ごとに違っていました。わかりやすくするために版画で絵暦が作られた。贅を尽くしたものも現れ、多色刷り版画、いわゆる錦絵のきっかけとなったのです」と野口さん。

展示室では浮世絵の流れがわかるように、時代順に作品が並べられている。初期のものから、世界に3点しかない葛飾北斎の美人大首絵『風流無くてなゝくせ 遠眼鏡』、抜群のプロポーションの女性たちを描いた鳥居清長の美人画、歌川広重の『東海道五十三次之内』、歌川国芳の作品など、浮世絵を代表する絵師たちが登場する。前期、後期で作品が全点入れ替わり、合計62点が展示される。

次ページやきものの味わい
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT