青山に、江戸のグラビアアイドルを見に行く

根津美術館「やきものが好き、浮世絵も好き」

『青花葡萄栗鼠文壺(せいかぶどうりすもんつぼ)』
朝鮮・朝鮮時代 19世紀 山口県立萩美術館・浦上記念館蔵

『青花葡萄栗鼠文壺(せいかぶどうりすもんつぼ)』はブドウのつるに遊ぶリスがやんちゃそうで笑いを誘う。ほかにも古染付、高麗青磁など、中国・朝鮮のやきもの130点が並ぶ。

展示を見たあとは緑あふれる庭園を散歩してカフェでひと休み。展覧会会期中は、アイスクリームに山口県萩産の夏みかんのソースをかけたデザート「萩が好き、夏みかんも好き」も用意されている。

 

「山口県立萩美術館・浦上記念館名品展 やきものが好き、浮世絵も好き」

前期6月1日~6月23日、後期6月25日~7月15日
根津美術館
東京都港区南青山6-5-1
TEL 03-3400-2536
10:00~17:00(入館は16:30まで)
月曜休み(7月15日は開館)
一般1200円

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。