青山に、江戸のグラビアアイドルを見に行く

根津美術館「やきものが好き、浮世絵も好き」

やきものの味わい

『藍三彩有蓋万年壺(らんさんさいゆうがいまんねんこ)』
中国・唐時代 8世紀 山口県立萩美術館・浦上記念館蔵

最後にやきものを紹介すると、デザインが目を引く『藍三彩有蓋万年壺(らんさんさいゆうがいまんねんこ)』は中国の唐時代に作られたもの。限られた色数をうまく組み合わせた文様は、じゅうたんなど、西方の染織品から影響を受けているそうだ。藍色の釉薬の原料には西アジア産のコバルトが使われている。

『粉青沙器掻落牡丹文扁壺(ふんせいさきかきおとしぼたんもんへんこ)』
朝鮮・朝鮮時代 15-16世紀 山口県立萩美術館・浦上記念館蔵

『粉青沙器掻落牡丹文扁壺(ふんせいさきかきおとしぼたんもんへんこ)』は素地に白い土を塗り、牡丹と葉の部分だけ残して掻き落とし、文様を浮かび上がらせた。さらに全体に青釉をかけている。

次ページやんちゃなリス
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT