青山に、江戸のグラビアアイドルを見に行く

根津美術館「やきものが好き、浮世絵も好き」

やきものの味わい

『藍三彩有蓋万年壺(らんさんさいゆうがいまんねんこ)』
中国・唐時代 8世紀 山口県立萩美術館・浦上記念館蔵

最後にやきものを紹介すると、デザインが目を引く『藍三彩有蓋万年壺(らんさんさいゆうがいまんねんこ)』は中国の唐時代に作られたもの。限られた色数をうまく組み合わせた文様は、じゅうたんなど、西方の染織品から影響を受けているそうだ。藍色の釉薬の原料には西アジア産のコバルトが使われている。

『粉青沙器掻落牡丹文扁壺(ふんせいさきかきおとしぼたんもんへんこ)』
朝鮮・朝鮮時代 15-16世紀 山口県立萩美術館・浦上記念館蔵

『粉青沙器掻落牡丹文扁壺(ふんせいさきかきおとしぼたんもんへんこ)』は素地に白い土を塗り、牡丹と葉の部分だけ残して掻き落とし、文様を浮かび上がらせた。さらに全体に青釉をかけている。

次ページやんちゃなリス
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。