大人気ホンダの軽、"2色塗り"の仕掛け人

ディズニーのアルバイトから、ヒットメーカーへ

ツートンカラーのカラフルな軽自動車が売れている。

ホンダが昨年11月に発売したN-ONE(エヌワン)は、発売以来、毎月約1万台前後の販売台数を記録し続けている。車内空間が非常に広いタイプではなく、燃費も25キロメートル/リットル程度。価格も軽としては比較的高額。最近の軽自動車の売れ筋ポイントを押さえているわけではない。

にもかかわらず、N-ONEが好調なのは、デザイン性や走行性能を重視した商品の特性が受けているからだ。軽自動車ならではの経済性は重視しつつも、単なる道具ではないクルマとしての楽しさを求める層を掘り起こした。

N-ONEを大きく特徴づけているのが、11色プラス4パターンのツートンカラーという豊富なカラーバリエーション。その中でも、屋根の色を塗り分けたツートンカラーが大人気だ。

ツートンカラーは販売全体の約2割を占め、現在、ツートンカラーの納車は数カ月待ちの場合もあるほど。ツートンカラーをほとんど見掛けることがない日本の自動車市場を考えれば、この人気ぶりは画期的な出来事と言っていい。

このツートンカラーを実現したのが、ホンダの開発子会社・本田技術研究所四輪R&Dセンターデザイン室3スタジオの齋藤康子だ。齋藤は自動車内外装のカラーデザインを担当し、このN-ONEのほか、NBOX(エヌボックス)、NBOX+(エヌボックスプラス)のカラーも手掛けた。

NBOX、NBOX+、そしてN-ONEの3車種は、ホンダが2011年から展開を始めた軽自動車の新シリーズ「Nシリーズ」を構成する一連の車種。普通自動車(登録車)を主力とするホンダにとって、これまでは軽自動車は一種の“調整弁”であった。

次ページ「できない理由」を探りに、製造現場へ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。