日産、軽自動車への“踏み込み”

三菱自との初の共同開発モデルが6月登場

日産自動車が三菱自動車と共同で開発を進めてきた新型車が、いよいよお目見えする。日産から「DAYZ(デイズ)」「DAYZ ハイウェイスター」(=タイトル下写真=)、三菱自から「eKワゴン」「eKカスタム」の各シリーズとして、6月に発売されるワゴンタイプの新型軽自動車だ。発売に先駆けて、このほどデザインを先行公開した。

軽自動車は12年に国内新車市場全体の37%を占めており、エコカー補助金が切れた後も比較的堅調な売れ行きを続けている。その有望市場に投下する「DAYZ」シリーズは、日産にとって軽自動車戦略の転換点を象徴するクルマだ。

三菱自側の車名から分かる通り、この新型軽はこれまで三菱自が生産し、日産へは「オッティ」のブランドでOEM(相手先ブランドによる生産)供給している「eKワゴン」の後継モデルとなる。

日産テイストのデザインを表現

これまで日産は三菱自からOEM供給を受ける際、車体の外観を若干変更する程度にとどまっていたが、「DAYZ」シリーズの外観を見るかぎり、日産はデザインテイストなど独自性を持たせるように踏み込んだ印象を受ける。

それもそのはずで、「DAYZ」「eK」シリーズは、日産と三菱自が2010年に折半出資で設けた開発会社NMKVが、商品企画から設計・開発を担当している。生産は従来どおり、三菱自の主力工場である水島製作所(岡山県)が担当するが、部品の調達や生産技術面を中心として、日産側が大きく関与した。

次ページデザインを先行公開したワケは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。