大人気ホンダの軽、"2色塗り"の仕掛け人

ディズニーのアルバイトから、ヒットメーカーへ

齋藤は、「実際の生産が始まり、量産車が人手で塗られているのを見たときには衝撃的だった。感無量であったのと同時に、工場にここまでやらせてしまったのか、と改めて思った」と振り返る。

生産面だけでなく、車体のデザインでも、ツートンカラーの塗り分けがしやすく、色も映えるような形状の工夫も行われた。

NBOX+で初めて設定されたツートンカラーは、齋藤たちが想定した以上に引き合いが強く、続くNーONEは、冒頭で述べたように大ヒット。手塗りでは生産量にも限界があるため、当初は見送った自動化工程導入の検討にも入っている。

挫折、そしてディズニーのバイトでの気付き

普段、一緒に仕事をする開発メンバーだけでなく、実務的にも、物理的にも遠く離れた工場をも巻き込んで、初めて実現したツートンカラーのプロジェクト。

齋藤は「(自動車のカラーデザインの仕事は)ひとつのクルマを作るために、年齢も専門も違うさまざまなひとたちとかかわる。仕事をするうえで大切なのは、コミュニケーションに尽きる」と言う。

巨大な分業システムの代表とも言える自動車産業だが、そうした分業の境界を乗り越えたコミュニケーションに努めたことが、ツートンカラーの実現に役立ったと言えるだろう。

高校時代、油絵への道を志した齋藤は、美術大学の油画科への進学を目指したものの、結局、3年間の浪人の末、挫折。「当時は、将来は油絵しかないと思っていたので、何をしてよいのかわからない状態になった」(齋藤)。

その後、開業を控えた東京ディズニーシーで、タイルや壁のペインティングなど、さまざまなアルバイトを経験したのち、テキスタイルの専門学校を経て、2005年にホンダに入社する。

次ページディズニーシーのバイトでの気づき
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。