新生ヤフーが命運託す、生粋"モバイル野郎"

ソフトバンク孫社長も待望した男の素顔

やがて主流となるスマホ時代の覇者になる――。2012年4月、壮大な目標の元に発足した宮坂学社長率いる新生ヤフーに、あの男が戻ってきた。村上臣(36歳)。そのわずか1年前にヤフーを退社した人物が今、ヤフーのスマホ戦略の命運を握っている。

2012年2月、六本木ミッドタウン近くの喫茶店。現ヤフー社長の宮坂学(45歳)は、「大事な話がある」と村上を電話で呼び出していた。その約1年前にヤフーを退職していた村上は、モバイル関連のベンチャー企業立ち上げに奔走していた。

「俺が社長になることになった。だから、お前に戻ってきてほしい」。宮坂の言葉に村上は一瞬、耳を疑った。「まじですか?」

後に発表されるヤフー経営陣刷新の情報は、このとき極秘中の極秘である。しかし、村上は起業したばかりのベンチャー企業ピドの取締役。社長の田中祐介にだけは相談をさせてほしいと宮坂に伝えた。村上から相談を受けた田中は、意外にもあっさりしていた。

「インターネット業界をよく知る村上君と僕なら、今の会社でそこそこの実績を出すことは可能だと思う。でも、起業するならいつでもできる。このビッグウエーブに乗るべきだ」

村上のヤフー再登板が決まった瞬間だった。

ソフトウエア界の“主従関係”を壊せ

執行役員兼CMO。弱冠36歳で、売上高3400億円の大企業の執行役員ということ以上に驚くのが、CMOという、業界でもあまり聞き慣れない肩書きだ。一般的にCMOとは、チーフ・マーケティング・オフィサーの略称だが、村上の場合は、チーフ・モバイル・オフィサー。モバイルに特化した戦略担当である。

ヤフーは言わずもがな、日本で絶対的存在感を誇るポータルサイトである。月間の総ページビューは500億を超え、ほかのポータルサイトを約5倍も引き離す。しかし、これはパソコン(PC)経由が大半で、現在急速に普及しているスマートフォン(スマホ)経由の数値は、全ページビューのうち2割程度。そこに今、ヤフーの危機感がある。

迫り来るスマホ時代に備え、「スマホ・ファースト」を打ち出す新生ヤフーで、司令塔役を担うのが村上というわけだ。

次ページエンジニアの地位を高めよ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT