日本企業の女性活用は、アジアでも周回遅れ

ガラパゴス化している、日本の女性活用【第3回】

なかなか進まない日本企業の女性活用。2012年暮れの衆議院選挙で圧勝した自民党は、公約で「社会のあらゆる分野で2020年までに指導的地位に女性が占める割合を30%以上とする目標を確実に達成し、女性力の発揮による社会経済の発展を加速させる」と掲げた。これを受け、経済界でも女性活用への関心は徐々に高まっている。

女性の管理職登用は高まりつつあるが

日本生産性本部が1月に発表した第4回「コア人材としての女性社員育成に関する調査」によると、女性の活躍推進がされている状態とは、

・職位に関係なく女性の仕事へのモチベーションが高いこと

・課長、課長相当職以上の職位につく女性が増えること

が、トップ2の回答だった。

女性が管理的役割を担っていることは、女性の活躍度を示す物差しのひとつとされる。

数字を見ると日本企業でも管理職につく女性比率はおおむね緩やかに上昇している。

ところが、国際比較をすると、日本は主要国やアジア各国の中で韓国と並んで最低レベルということも明らかになる。

次ページ国際レベルでの登用水準は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。