日本企業の女性活用は、アジアでも周回遅れ

ガラパゴス化している、日本の女性活用【第3回】

■管理的職業従事者に占める女性割合 (青=アジア)

韓国 9.4%
 日本 11.9%
 マレーシア 25.0%

 ドイツ 29.9%
 スウェーデン 31.2%
シンガポール 34.3%
 イギリス 35.7%
 オーストラリア 36.7%
 フランス 38.7%
 アメリカ 43.0%
フィリピン 52.7%

(出所)内閣府「若者・女性の活躍推進をめぐる現状について」資料(2013年2月発表)

世界経済フォーラム(WEF)が作成している世界の男女格差を測るジェンダー・ギャップ指数2012年では、日本は135カ国中101位と極端に低く、さらに前年(98位)よりも低下している。確かに国内の管理職登用比率は前進しているものの、海外の進捗はそれ以上に急速なため、相対的に見ると後退しているのである。

グローバル競争力に資する男女格差解消

諸外国が男女格差の解消に関心が高い理由は、人権問題としての「男女平等」だけでなく、激化するグローバル競争の中で経済的な成長にプラスとなるからだ。WEFもデータで「ジェンダー・ギャップ縮小と経済競争力の向上には相関関係がある」と示している。

これを証明するように、近年、経済成長著しいアジア各国で女性の躍進ぶりは目覚ましい。

次ページ関心は中間管理職から上級レベルへ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。