日本人の的外れな「リベラルアーツ論」

リベラルアーツとは何か(上)

日本と欧米の学問体系が違う点はまだある。「医学(Medicine)」と「数学(Mathematics)」の位置づけだ。

サイエンスには、前述した二大分類のほかに、「アプライド・サイエンス、applied science」(応用科学)と、「フォーマル・サイエンス、formal sciences」(形式科学)がある。前者のアプライド・サイエンスの代表が医学である。ところが、日本では医学を自然科学と見なすことが多い。 

また、一般的にエンジニアリングと言われる「工学」「工業技術」もアプライド・サイエンスである。

そして「数学」だが、これもなぜか日本では自然科学としてしまう。しかし、数学自体は自然界には存在しない。人間がつくったものである。だから、サイエンスとは見なせない。そこで、学問をするためのツールという位置づけとなり、フォーマル・サイエンスに分類をされるのだ。

学問をするためのツールとう位置づけでは、現代の「コンピュータ・サイエンス」(Computer science)もまた、フォーマル・サイエンスである。しかし、日本ではこれがアプライ・ドサイエンス(応用科学)の工学部に組み入れられ、そこの学科になっていたりする。工学部の中にコンピュータ・サイエンスがあるのは、欧米人にとっては理解できないだろう。

リベラルアーツとは、「基礎学問」

このように見てきて、ここで、やっとリベラルアーツについて説明するのが可能になる。

リベラルアーツとは、ひと言で言えば、西洋世界の学術・学問の基礎である。欧米の高等教育では、このリベラルアーツがすべてのアート(ヒューマニティーズ)とサイエンスの「入り口」と考えられており、これらの科目を履修した後にメジャー(専攻)を決めるシステムになっている。

ところが、日本では大学入学以前に志望学部(専攻)を決めて、入学試験を受けるかたちになっている。これでは、あべこべだ。

また、リベラルアーツを日本では「教養学」と訳す例が多い。また一部の大学では「一般教養」として学部名になっているところもある。しかし、「教養」とう日本語の一般的な意味は、「社会生活を営むうえで必要な学術、文化、歴史、芸術などに関する広い知識」というようなことだろう。たとえば、あの人は「教養がある」と言ったときは、このような意味になると思う。

とすると、リベラルアーツをより正確に日本語にすれば、「教養学」より、「基礎学問」のほうが最適ではなかろうか?

というわけで、グローバル教育は、英語で授業をしたり、9月入学を実施したりと、かたちだけを整えても達成できないことが、わかってもらえたと思う。

もし、今後、日本の大学が本当にグローバル化したいなら、学問体系を欧米式に整え直すこと、本格的なリベラルアーツ教育を導入すること、そのうえで徹底して世界から留学生を集めることが必要だろう。もちろん、日本の大学教育のいいとろは徹底して残すことも大事だ。

このようにして、学内にインターナショナルコミュニティをつくれば、自然にグローバル人材は育つはずだ。今後の日本を切り開いてくれる“真の日本人”も育つだろう。

※ 続きは4月24日(水)に掲載します

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT