日本人の的外れな「リベラルアーツ論」

リベラルアーツとは何か(上)

現在、日本の大学は、東大をはじめとしてグローバル化に必死に適応しようとしている。9月入学の実施、推薦入学制度の導入、英語による授業の拡大……などが、今後、確実に実施されようとしている。最近では、TOEFLが入試に採用されるという話も持ち上がっている。

しかし、これらの改革をいくら進めても、真のグローバル化は達成できないだろう。なぜなら、日本の大学で現在行われている教育そのものが、根本的に欧米の学問体系からズレているからだ。

心理学科が文学部にあるのは異常

たとえば日本では、大学に入るとき、大学そのものではなく、志望大学の学部ごとに入学試験を受けなければならない。また、その学部には、大ざっぱに「文系」「理系」の区別があり、心理学や経済学は一般的に「文系」と言われている。

ところが、アメリカの大学は、大学そのものに出願して入学し、日本の学部にあたる専攻(メジャー)を決めるのは2年時(ソフォモア)を終えてからだ。また、心理学や経済学は、日本と違って理系に分類されている。

日本の大学には、たとえば文学部心理学科というものがある。しかし、欧米の学問体系からいくと、心理学科が文学部にあること自体が異常である。

さらに、日本では最終的に出身学部はあまり問われない。社会に出てから着いて回るのは、どこの大学を出たかという「大学名」である。ところが、アメリカでは、大学名より、どんな専攻をしたかのほうが重要で、続いて、その学位(degree)が「博士」(PhD)、「修士」(Master)、「学士」(Bachelor)のどれなのか、そして、その学位をどこで取得したか(Where did you get it? :つまり大学名、教育機関名)が問われる。

いったいなぜ、これほど日米で大学教育のとらえ方が違うのだろうか?

日本の高等教育は、明治期に始まっている。日本の名門大学の多くが明治期に設立されている。このとき、欧米の教育システムを日本に移植する際に、数々の誤解、勘違いが生じたためだと思うが、私は詳しくは知らない。

ただ、ここで重要なのは、欧米との違いをこのまま放置しておくと、本当のグローバル化などできないということだ。

そして、リベラルアーツが何かも、なぜリベラツアーツ教育が重要なのかも、理解できなくなくなるだろう。

次ページ最も困るのは企業
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT