東大・ハーバードになく、イェールにあるもの

イェール大の学生生活で、僕は何を得たのか

大学2年生の冬、僕はこのアイデアを仲がいい4人の親友に打ち明けた。日本で、世界でいちばん楽しいサマーキャンプを企画しないか?と誘った。みんな、単純に日本に来たかったこともあったのか、すぐ企画にのってくれて、その夜から、GAKKOプロジェクトは始まった。どこか日本のきれいな島で、1週間だけ、最高に楽しい学校(GAKKO)が開きたい。GAKKOという日本語の響きをみんな気に入り、それがサマーキャンプの名前になった。

世界中のユニークかつクリエイティブな学生や社会人に、「もし1日だけ高校の先生になれるとしたら、あなたなら何を教えますか?」と質問して、面白い授業をしてくれそうな人を先生として呼ぼう。そして最後は、参加する高校生に、先生になってもらって、僕たちに授業をしてもらおう。ベネッセがスポンサーになってくれることが決まり、真剣さは増した。僕たちは、ウェブサイトの制作、ロゴ、Tシャツ、応募・選考方法、飛行機やホテルの予約、すべて自分たちでやった。もはや、自分たちの中では、大きなエンタープライズになっていた。

世界中から、30人の枠に対して、120人を超える高校生の応募、50人を超える大学生の応募が集まった。2012年、夏、瀬戸内海に浮かぶ小さな島、直島で、第1回GAKKOサマーキャンプが開催された。イェール、ハーバード生20人、高校生30人、世界中で活躍される6人の大人たちが、GAKKOプロジェクトの名の下に6日間の学校を開いた。

(撮影:GAKKO Photographer: Florian Koenigsberger)

GAKKOプロジェクトは、その後、さらに拡大している。ヨーロッパの数々の大学からも応募が集まり、今年は8月1日から9日まで、小豆島で開催される。つい一昨日、高校生の応募受付も始まった。詳しくは、ぜひこちらのウェブサイトを見ていただきたい。

GAKKOプロジェクトは、イェールのキャンパスライフをフルに生かして、ひとつの大きな夢がかなった最初の体験だった。いろいろと大変なこともあったけれど、きっと一生忘れない思い出になると思う。

終わりに:海外で生きる意味

アメリカの大学進学から得られるものは、決して学歴だけではない。日本では決して得ることのできない人生経験、日本では絶対に会えないような友達との出会い、そういった、むしろ授業の外で得られるもののほうが大きいように思う。

しかし、日本では経験することがないであろう、いろいろな困難が待っているということも、あんまり大人が言わない事実だ。言葉の壁、文化の壁、人種の壁。しかし、それを乗り越えてこそ、人間として強くなると思うし、海外で生きる意味があると思う。日本から海外進学を考えている皆には、自信と根性を持って、頑張ってほしいと思っている。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 病やがんと向き合う心のつくり方
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT