古賀 健太(こが けんた)
イェール大学学部生

1991年福岡県生まれ。灘高校を経て、2010年イェール大学に入学。現在、コンピュータサイエンスを専攻。2011年、Question Leaning(学びとは何か)をテーマに、GAKKOプロジェクトを立ち上げる。2012年8月、イェール大とハーバード大の学生20人と日本の高校生30名で、香川県直島で5泊6日の第1回サマーキャンプを開催。2013年夏には、第2回GAKKOの開催を予定している。ニューヨーク、ロサンゼルス、東京などで、プロのマジシャンとしても活動。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT