社会的マイノリティを守る、正義の盾になれ

金八先生に贈る言葉

ヘイトコンテンツ市場3分類

本日は長丁場のコラムなのだが、2週間に分けて延々とこのネタで引っ張れないので多めの文字数、失礼させていただきたい。

いわゆる極右、ネット右翼、右派知識人と呼ばれる人は、おおまかに“カルト”と“被害者”と“詐欺師”に3分類できるので、そんな彼らを概観してみよう。

ガラパゴス化が進むカルト宗教

まず“カルト”の皆さんだが、彼らは地球上のすべての問題は韓国人と中国人がいなくなれば解決すると信じている。この人たちに言わせれば、失業しているのも、結婚できないのも、昨日自転車が盗まれたのも、ソニーでリストラが横行しているのも、今朝方100円落としたのも、コートを昨夜のパーティ会場に忘れてしまったのも、すべてのストレスが朝鮮半島に向かう。

これは私にとっては甚だ迷惑な話だが、こういう病的な反応を示す人は韓国にも中国にも存在するので、お互いを他山の石としたい。

病状の原因だが、彼らは広い視点で多様なコンテンツに触れる前に、内輪コミュニティで意見を固めて情報ルートを遮断し、内部純化が進む結果、思想のガラパゴス化が起こり特殊な進化を遂げる。

そしてそのガラパゴスでは戦時と同じ集団心理の興奮状態に陥り、新大久保で“今日は在日の子供を殺しに来ました”とエスカレートさせることでしか認知欲を満たせない。彼らは日頃の無力感を社会的弱者を創って差別することで、自分が怒れる対象を探してしまっている。

次ページ被害者とは
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT