若者に「ググる前にインスタ」が定着した意味

オジサンの「ステキ投稿」はここを押えている

インスタグラムの「ハッシュタグ検索」を使いこなせていますか?(写真:Dragon Images / PIXTA)
皆さんは、ご自分の後輩や部下にあたる若者たちが、どのような方法で物事を調べ、どこから情報を得ているかご存知ですか? すぐ思いつくのは「ググる」ことかもしれません。行きたい店や欲しいモノ、流行のファッションやグルメを、グーグルのトップページに入力して検索する、今では一般的な方法です。
しかし最近、若者たちの間では「まずググる」というのが主流ではなくなってきているといいます。彼らが代わりに駆使するのは「インスタグラム」の「ハッシュタグ機能」です。
イマドキの若者がなぜ新しい検索方法を選ぶのか。そして、ミドル以上の世代もインスタグラムを活用して、デキる大人になる方法はないだろうか……? SNSマーケティングのプロ・アライドアーキテクツ社が運営するSNSビジネス活用情報サイト「SMMLab(ソーシャルメディアマーケティングラボ)」編集長・藤田和重氏と、同社のSNSプランナー・金濱壮史氏に、今さら聞けないインスタグラムの基礎知識と最新活用法を伺いました。

「ハッシュタグ検索」がここまで支持される意味は?

インスタグラム(インスタ)はiPhoneやAndroidで利用できる、写真特化型のSNSアプリケーション。写真さえあれば、キーワードとなる「ハッシュタグ」をつけ、すぐに投稿できる手軽さが魅力です。また、写真を加工できる「フィルター」機能があることも特徴。世界中に愛用者が多く、月間アクティブ利用者数は5億人と言われています。

たとえば「パンケーキがおいしいお店」を探したいとき。私たちはグーグルなどの検索サイトから「パンケーキ」と入力して探しますね。しかし最近の若者たちは、インスタグラムの「検索ボックス」に「#パンケーキ」と入力して検索。すると、膨大な数のパンケーキの画像とともに、実際に食べた人、お店に行った人のコメントが表示されます。

彼らが第一の情報検索手段としてインスタグラムを選ぶのには、いくつか理由があると金濱さん(ご自身も20代男性)は言います。

次ページグーグルとインスタでは「情報の質」が違う
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT