若者に「ググる前にインスタ」が定着した意味

オジサンの「ステキ投稿」はここを押えている

気になるパンケーキが一目瞭然

「まず、グーグルとインスタでは、情報の質が違います。グーグル検索で上位に出てくるのは企業やメディアが伝える『整えられた情報』。それがどこまで本当なのか、若者たちは疑問視しています。一方、インスタは『こんな味でした』『こんなふうに使っています』『使い心地はこうです』と、すでに食べた人、買った人、使った人が提示する体験情報が中心。それを写真と一緒に確かめられるのは大きい」(金濱さん)

インスタグラムの「手っ取り早さ」も、同世代に受け入れられる要因だと金濱さんは指摘します。確かに、グーグルでモノを調べる時は、目的に近づくために自分でキーワードを考えていろいろ入力しなければならず、それでも結局、ダイレクトには調べたいモノにたどり着かないこともあります。

それがインスタグラムなら、必要な結論に寄り道せずたどり着けるうえ、文章ではなく、ひと目でわかる写真ですべてを表示してくれます。自分の関心のあるものを、感覚的に選ぶことができるのです。

「埋もれたくないし、外れたくもない」という欲求

これを裏付けるように、インスタグラムの利用者は驚くべきスピードで増加しています。昨年はツイッターの利用者数3億人を抜き、今年6月には全世界の月間アクティブ利用者数が5億人、そして1日あたりのアクティブ利用者数が3億人を突破したと発表されました。1日あたり平均9500万件の写真・動画コンテンツがシェアされ、平均42億の「いいね!」がやり取りされます。日本の利用者数は1200万人と言われています。

また、インスタが選ばれる理由には、今の若者ならではの「意識」「感覚」も影響しているようです。藤田さんが解説します。

「『インスタで流行っているモノは今っぽい』という風潮がありますね。昔ならば、テレビが担っていた役割を、今はインスタグラムが担っている感じです。同時に、インスタで流行っているということは『皆が実際に食べた、行った』という実績でもあります。若者は『自分らしさ』を大事にしたい一方で『皆から外れたくない』という欲求もあり、『皆がシェアしている話題は何か』を知りたがるのです」(藤田さん)

そこに見え隠れするのは「憧れ」と「共感」を絶妙なバランスで感じたいという、若者たちの感覚です。インスタグラムで写真映えする対象のことを「インスタ映えする」「インスタジェニック」と言います。さらにその写真を「フィルター」の機能を使ってカッコよく加工することで、いっそう「憧れ」「共感」を集められる投稿に変化させるのです。

「例えば人気店のパンケーキなどはシズル感が画面からあふれ出るため、見た人は『私もそこに行って、同じ経験をしたい』と思います。ほかにも、ムートンブーツを買うかどうか迷った際には『#ムートンブーツ』で検索し、表示される写真の多さで人気を確かめ、安心する。横並びにはなりたくないけど、外さず、トレンドに乗りたいのです」(藤田さん)

次ページ「同じ立場の人」を探し当てたい心理
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。