日本でも、中間層の仕事がなくなる?

『ワーク・シフト』著者、リンダ・グラットン氏に聞く

日本の若者も欧米と共通点が多い

渡邉:それから、同じアジアでも、韓国などは国内市場が小さく、グローバル化しないといけない理由がある。一方、日本は1500兆円の個人金融資産を背景とした巨大な国内市場があり、国内向けだけでも十分食べていける。

『ワーク・シフト』に描かれた世界というのは、いわば世界の70億人市場を相手に、ハングリーなインド人、中国人を相手にしながら、いかに勝つかという話です。ただそれは非常に難しいことです。私は自分の本では、日本人向けに、日本市場で、日本人の強みを生かす仕事を選ぶことを勧めています。

リンダ・グラットン
ロンドン・ビジネススクール教授
経営組織論の世界的権威で、英タイムズ紙の選ぶ「世界のトップビジネス思想家」の1人。英『エコノミスト』誌の「仕事の未来を予測する識者200人」に名を連ねる。組織におけるイノベーションを促進するスポッツムーブメントの創始者。

グラットン:日本の状況は確かにユニークで興味深いと感じています。しかし、世界の人材市場は完全にグローバル化しています。そういう状況は日本にも必ず影響します。

以前、世界中のY世代(1980年以降生まれ)の意識調査をしましたが、そこでは異なる国同士でも、人々の共通性が強くなっている傾向が見えました。日本のY世代も、欧米との共通点が多く見られました。

ただ日本人は、彼ら自身の問題というより、仕事をしている環境において、ほかの国の若者とは大きく二つの点で違いが見られました。

一つは日本人がピラミッド構造の組織で仕事をしていること。もう一つは、オフィスに長時間いなければならない、などの義務感にさらされていることです。

そのため、日本人の若い世代は、教育を受けている段階では他国の若者と共通点が多いのですが、社会に出ると旧式な世界で暮らさなければならず、異質な部分が出てきます。重要なのは、Y世代が自分たちが望むことを強く主張することですね。

渡邉:ただ日本ではそうした傾向は見られません。それに内向きな若者も増えているといわれています。私は日本人全員が、世界70億人を相手に激しい競争を繰り広げる必要はないと思っています。向いていない人が、競争率70倍の激戦に参加するのは、不幸のもとでしかありません。

次ページ勝ち残れる人は上位2割
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT