年金の基本を知ると「損得」まで見えてくる! 意外と知らない「5つの超常識」

拡大
縮小
年金は、知らないと損をすることがたくさんある(撮影:今井康一)

大学卒業後、飲食業界に就職し、現在は営業部長として、バリバリ仕事をこなすAさん(40代)。先日、大学時代の友人で10年前に起業しているBさん(40代)と久しぶりに飲んだときの事です。

年金見込み試算額をみてみると…

Bさんがたまたま年金のセミナーを受けてきたらしく、「これが老後の現実らしいぞ」と言って、スマホで見られる『ねんきんネット』のページで自分の年金見込み試算額を見せてきたのでした。

正直、自分の年金なんて、ちゃんと見たことがないAさんでしたが、Bさんの年金額を見てから自分の年金が気になってしまい、帰宅後さっそく自分も『ねんきんネット』の手続きをして、数日後に年金見込み試算額をみてみると……。

『あれ、なんでBさんと同じくらいもらえちゃうの!?』

実は友人Bさんは同期の中でも出世頭。現在は、従業員200名ほどいる不動産会社の社長で、毎月300万近くの報酬をもらっていることをAさんは知っていたのでした。月給65万円の自分は、Bさんの年金よりはるかに少ないだろうと不安だったのに、なぜかそこまで差がないことに驚くばかりでした。

日本に住む20歳以上のすべての人が加入する年金。みんな当たり前に国民年金や厚生年金に加入し、保険料を払って、将来は年金生活になるけれど、正直年金のことはよくわからないという方は多いのではないでしょうか。

そこで、今回は、重要だけど意外と知らない年金の決まりについて、ポイントを5つに絞って解説していきます。

1. 年金は、「ひょうげつ」62万円で頭打ち

会社員が加入する厚生年金。老後にもらえる年金を老齢厚生年金といいます。老齢厚生年金は原則65歳以降、加入していた時の報酬に比例した金額がもらえます。

次ページ年金のベースとなる「ひょうげつ」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT