年金の基本を知ると「損得」まで見えてくる!

意外と知らない「5つの超常識」

年金は、知らないと損をすることがたくさんある(撮影:今井康一)

大学卒業後、飲食業界に就職し、現在は営業部長として、バリバリ仕事をこなすAさん(40代)。先日、大学時代の友人で10年前に起業しているBさん(40代)と久しぶりに飲んだときの事です。

年金見込み試算額をみてみると…

Bさんがたまたま年金のセミナーを受けてきたらしく、「これが老後の現実らしいぞ」と言って、スマホで見られる『ねんきんネット』のページで自分の年金見込み試算額を見せてきたのでした。

正直、自分の年金なんて、ちゃんと見たことがないAさんでしたが、Bさんの年金額を見てから自分の年金が気になってしまい、帰宅後さっそく自分も『ねんきんネット』の手続きをして、数日後に年金見込み試算額をみてみると……。

『あれ、なんでBさんと同じくらいもらえちゃうの!?』

実は友人Bさんは同期の中でも出世頭。現在は、従業員200名ほどいる不動産会社の社長で、毎月300万近くの報酬をもらっていることをAさんは知っていたのでした。月給65万円の自分は、Bさんの年金よりはるかに少ないだろうと不安だったのに、なぜかそこまで差がないことに驚くばかりでした。

日本に住む20歳以上のすべての人が加入する年金。みんな当たり前に国民年金や厚生年金に加入し、保険料を払って、将来は年金生活になるけれど、正直年金のことはよくわからないという方は多いのではないでしょうか。

そこで、今回は、重要だけど意外と知らない年金の決まりについて、ポイントを5つに絞って解説していきます。

1. 年金は、「ひょうげつ」62万円で頭打ち

会社員が加入する厚生年金。老後にもらえる年金を老齢厚生年金といいます。老齢厚生年金は原則65歳以降、加入していた時の報酬に比例した金額がもらえます。

次ページ年金のベースとなる「ひょうげつ」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT