給与が減ったと思ったら「この表」を見よ!

4~6月に働きすぎると給与手取りが減る?

意外と知らない給与明細のナゾに迫ります!(写真:toshi / PIXTA)

1月に昇進してチームリーダーになった30代のAさん。「給与が上がった!」と喜んでいたら、その4か月後、思わぬショックが訪れました。5月に配布された給与明細を見て愕然……。

「あれ?手取りが減ってる!?」

がっかりしたその原因は、社会保険料の控除でした。

労働者の誰もが毎月もらう給与明細。見ると健康保険料や所得税などいろいろ控除される項目が多く、なぜか切ない気持ちになってしまいますよね。そこで今回は、わかっているようで意外に知らない、よく考えればナゾだらけ、皆さんの給与から当たり前に控除されている社会保険料について、3つにポイントを絞って解き明かしてみます。

キーワードは「ひょうげつ」

社会保険料とは、健康保険料、厚生年金保険料、介護保険料(40歳以上65歳未満の方のみ)、雇用保険料のことです。

その社会保険料を理解するために、とっても重要なのが『標準報酬月額』(以下、『標月(ひょうげつ)』)。聞いたことがない人も多いかもしれませんが、実はこれが給与や、先々の年金まで大きく左右しているのです。

いったい『標月』とは何なのか?これは社会保険の事務処理を簡略するために考えられた仕組みです。以下ざっくり見ていきましょう。

次ページこの表を見れば一目瞭然!
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。