2013年版「大学難易度ランキング」トップ30

理工系人気変わらず。文系は経済・経営が偏差値アップ

トップクラス校でも10年で見ると難易度が激変(受験生を応援する予備校関係者、東大前)

※最新の大学関連ランキングはこちら

最新版「大学ランキング」トップ300

最新版「大学就職率ランキング」ベスト100

分野別「資格に強い大学」ベスト10

私立大「財務力ランキング」ベスト30

社会的な評価が定まっているトップクラス校でも、学部ごとの難易度は意外に変化している。要因は受験生の学部志望動向。就職難の現在、文系学部の人気が低く理系学部の人気が高い「文低理高」の学部志望状況で、文系学部の難易度が下がる傾向が見られる。1年単位でその変化を見ることは難しいが、最新と10年前との難易度ランキングの比較でその傾向を見ていこう。

次ページ志願者減の法学部では・・・
関連記事
トピックボードAD
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。