本当に強い大学2012

日本の大学力を国際比較

「経済も外交も音楽も、いろいろなことを学びたい。そのために、入学後に専攻を決められる米国のイェール大学かハーバード大学に行きたいと思っている」

神奈川県に住む高校3年生のAさんは、将来、経営コンサルタントになりたいと考えている。大学の4年間は全力で勉強する覚悟だ。しかし、日本の大学では多くの刺激を受けられず、幅広く学ぶ環境が整っていないと思っている。

確かに日本の大学生の多くは、米国の大学生に比べて、勉強時間が少ない(図の中左)。大学生自身も勉強時間の不足を自覚している(図の中右)。本気で勉強しようという高校生にとっては、海外の大学が魅力的に映るのだろう。

一方の日本の大学は、経営的にも厳しい。入学者数が定員に満たない大学が半数近くに達し、赤字経営の大学も4割ある(図の下右)。今後、少子化の影響も深刻化する。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。