2013年版「大学難易度ランキング」トップ30

理工系人気変わらず。文系は経済・経営が偏差値アップ

看護・医療技術系の人気は02年に比べ今は落ち着いている。そのため、当時と比較できる大学の大半で難易度が下がった。資格志向から人気が高い系統だが、薬学系同様に新設が進み受験生が分散したようだ。

(大学通信・情報調査・編集部 井沢 秀 =週刊東洋経済2012年10月27日特大号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。