2013年版「大学難易度ランキング」トップ30

理工系人気変わらず。文系は経済・経営が偏差値アップ

難易度上昇目立つ経営、商学系

経済・経営・商学系では難易度が上がった大学が多い。この系統は02年当時も、不況の影響で人気がなく難易度が低かったからだ。立教大学や青山学院大学、明治大学など入試改革などで志願者が増えた大学は難易度が上がっている。東大と京大の志願者の減少幅が大きいのは、後期試験を廃止したため。その影響で大阪大学は逆に志願者が増えている。

表中で難易度が下がったのは一橋大学の経済と明治大の政治経済の2校。就職を考えて、理論を学ぶ経済より実学系の経営や商を選ぶ受験生が多くなり、両校の中で経営や商に志願者が流れた影響とみられる。

次ページ就職意識で外国語に人気
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。