2013年版「大学難易度ランキング」トップ30

理工系人気変わらず。文系は経済・経営が偏差値アップ

難易度上昇目立つ経営、商学系

経済・経営・商学系では難易度が上がった大学が多い。この系統は02年当時も、不況の影響で人気がなく難易度が低かったからだ。立教大学や青山学院大学、明治大学など入試改革などで志願者が増えた大学は難易度が上がっている。東大と京大の志願者の減少幅が大きいのは、後期試験を廃止したため。その影響で大阪大学は逆に志願者が増えている。

表中で難易度が下がったのは一橋大学の経済と明治大の政治経済の2校。就職を考えて、理論を学ぶ経済より実学系の経営や商を選ぶ受験生が多くなり、両校の中で経営や商に志願者が流れた影響とみられる。

次ページ就職意識で外国語に人気
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT