2013年版「大学難易度ランキング」トップ30

理工系人気変わらず。文系は経済・経営が偏差値アップ

志願者減が顕著な法学部

文系学部の中でも志願者減が著しいのが社会科学系だ。代表的な法学部は、難易度60を境に下がる大学と現状維持の大学に二極化している。以前は不況になると公務員就職につながる法学部の志願者が増えたが、現在は公務員のネガティブなイメージから人気がない。新司法試験の合格率の低さも追い打ちをかける。

難易度62.5以上の大学でも、新司法試験への期待が高かった2007年と比較して、東京大学や京都大学などの国立大は変わらないが、早慶上智(早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学)といった私立大は下がった。河合塾教育情報部部長の近藤治氏は、「法学系は不人気だが、国公立大人気と相殺されて難易度は下がっていない。早慶が下がっているのは、地方の受験生が減少した影響も大きい」と話す。なお、河合塾の難易度は05年に細分化され、最大値が「70以上」から「72・5以上」になっている。また、国公立大と私立大では科目数が少ない後者のほうが高くなりやすいので、そうしたことを考慮し、目安としてご覧いただきたい。

次ページ経済、経営、商学部は上昇目立つが・・・
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 日本野球の今そこにある危機
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。