2013年版「大学難易度ランキング」トップ30

理工系人気変わらず。文系は経済・経営が偏差値アップ

志願者減が顕著な法学部

文系学部の中でも志願者減が著しいのが社会科学系だ。代表的な法学部は、難易度60を境に下がる大学と現状維持の大学に二極化している。以前は不況になると公務員就職につながる法学部の志願者が増えたが、現在は公務員のネガティブなイメージから人気がない。新司法試験の合格率の低さも追い打ちをかける。

難易度62.5以上の大学でも、新司法試験への期待が高かった2007年と比較して、東京大学や京都大学などの国立大は変わらないが、早慶上智(早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学)といった私立大は下がった。河合塾教育情報部部長の近藤治氏は、「法学系は不人気だが、国公立大人気と相殺されて難易度は下がっていない。早慶が下がっているのは、地方の受験生が減少した影響も大きい」と話す。なお、河合塾の難易度は05年に細分化され、最大値が「70以上」から「72・5以上」になっている。また、国公立大と私立大では科目数が少ない後者のほうが高くなりやすいので、そうしたことを考慮し、目安としてご覧いただきたい。

次ページ経済、経営、商学部は上昇目立つが・・・
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT