2013年版「大学ランキング」トップ300

東大が連覇。続くは京大、慶応、豊田工業

※最新の大学関連ランキングはこちら

最新版「大学就職率ランキング」ベスト100

学部別「大学難易度ランキング」トップ30

分野別「資格に強い大学」ベスト10

私立大「財務力ランキング」ベスト30

財政的な基盤を背景に、充実した教育を実践し、就職の実績もある、「本当に強い大学」はどこか――。その問いに答えるべく「週刊東洋経済」が毎年行ってきたのが「独自ランキング日本の大学」だ。

今回は、ランキングの対象大学を拡大。掲載大学も300位まで増やしている。

対象は、東洋経済が約750の大学に対して2012年8~9月に行ったアンケートに回答し、かつ11年度の財務諸表が入手できた大学。なお、同一法人で複数の大学がある場合、決算数値が同じであることを考慮し、1大学のみをランキング対象とした。対象大学は424大学(国立80、公立38、私立306)。

次ページ10の指標で選出
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。