なぜ丸の内は、“新しい感じ”がするのか?

"ミスター丸の内"の、人を呼び込む力

だが、難しいからこそ、それを実現できれば、ほかの場所にはないものになる。『新しいもの』と『眠っているもの』、『歴史』と『エリア』というキーワードでうまく組み合わせてプロモーションしていけば、多くの人に響くのではないか」

混在するさまざまな要素を組み合わせて、ほかの都市にはない魅力を生み出す。今回は詳細は明らかにしてくれなかったが、これから先の丸の内の街づくりについて、渡邉氏にはいくつかの腹案があるようだ。

ネタ帳から紡がれる言葉の力

渡邉氏は仕事中、つねに持ち歩いているものがある。手帳だ。デジタルなものではなく、手書きで頭の中に植え付ける行為がミソだという。

それも、打ち合わせ用の資料を四つ折りにして、空いたスペースに思いついたことを書き込み、手帳にはさんでいる。これが彼のネタ帳なのだという。

ネタ帳の中で、渡邉氏が最近こだわっているのが「コトバ」というキーワード。「コト」はコトづくりやストーリーという意味で、「バ」はそれを展開する場所を指す。

これまではリアルな街が人間の生活基盤だったが、最近はバーチャルな場もあり、そこでビジネスの話が進んでしまうこともある。「バーチャルの議論をリアルにどうやって持ってくるか。そこを突き詰めていくと、新しい都市のあり方が提案できるかもしれない」。

世界的な都市間競争の中で、丸の内はどのような新機軸を打ち出せるのか、まだ誰も見たことのない都市像を求めて、渡邉氏の「I will」は大きく広がっていきそうだ。
 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。