なぜ丸の内は、“新しい感じ”がするのか?

"ミスター丸の内"の、人を呼び込む力

だが、難しいからこそ、それを実現できれば、ほかの場所にはないものになる。『新しいもの』と『眠っているもの』、『歴史』と『エリア』というキーワードでうまく組み合わせてプロモーションしていけば、多くの人に響くのではないか」

混在するさまざまな要素を組み合わせて、ほかの都市にはない魅力を生み出す。今回は詳細は明らかにしてくれなかったが、これから先の丸の内の街づくりについて、渡邉氏にはいくつかの腹案があるようだ。

ネタ帳から紡がれる言葉の力

渡邉氏は仕事中、つねに持ち歩いているものがある。手帳だ。デジタルなものではなく、手書きで頭の中に植え付ける行為がミソだという。

それも、打ち合わせ用の資料を四つ折りにして、空いたスペースに思いついたことを書き込み、手帳にはさんでいる。これが彼のネタ帳なのだという。

ネタ帳の中で、渡邉氏が最近こだわっているのが「コトバ」というキーワード。「コト」はコトづくりやストーリーという意味で、「バ」はそれを展開する場所を指す。

これまではリアルな街が人間の生活基盤だったが、最近はバーチャルな場もあり、そこでビジネスの話が進んでしまうこともある。「バーチャルの議論をリアルにどうやって持ってくるか。そこを突き詰めていくと、新しい都市のあり方が提案できるかもしれない」。

世界的な都市間競争の中で、丸の内はどのような新機軸を打ち出せるのか、まだ誰も見たことのない都市像を求めて、渡邉氏の「I will」は大きく広がっていきそうだ。
 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT