三井不動産、ハコモノの常識に挑む男

生活のストーリーを作り、街を生み出す

根っからの“マンション屋”なのだろう。自身がこれまでに手掛けてきた物件について語るとき、彼の眼差しは100点満点のテスト用紙を母親に見せびらかす少年のように、キラキラと輝く――。

日本のマンション開発の雄、三井不動産レジデンシャル。柏の葉や新浦安といった同社を代表するエリアで数々の大規模物件を開発してきたのが、開発事業本部・商品企画室に籍を置く、町田収グループ長だ。

彼の目下の任務は、同社が現在の中期計画で中核事業の1つに挙げる「三井のすまいLOOP」という新事業。これまでに同社グループが供給してきた分譲住宅、注文住宅から賃貸住宅に至るまで約40万戸を対象とし、暮らしの質を上げるための各種サービスを提供しよう、というものだ。

提供するサービスは、文字どおり、暮らしに関わること全般。食材やキッチン用品など台所まわりのサービス、レストランやホテルの割引から、果てはリフォームやハウスクリーニングといった家全体にかかわることまで……。

三井不動産グループの住宅に住む人であれば、8つのカテゴリーから約500種類のサービス(12年11月末時点)を会費なしで受けることができる。これほどまでにサービスが多岐にわたり、かつ、賃貸居住者まで対象に入れた会員サービスは、業界初の試みだ。

「人口減少が進む日本国内では、分譲住宅の需要は必ず減っていく。でも、分譲住宅が売れなくなっても、お客様は必ずどこかに住んでいて、そこには“暮らし”が存在する。われわれは住まいを提供する会社だけど、これからはその中で営まれる暮らしにドンドン軸足を移していかないといけないんです」。新事業の狙いを、町田氏はこう語る。

とはいえ、これまでもっぱらマンションというハードの開発に従事してきた人間が、一転して“暮らし”というソフトを提供する側に回るというのは、戸惑いも多いのではないか。ところが、町田氏には不思議なほど迷いがない。

次ページ広さ1.5倍のマンションをどう売る?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。