貧困を脱した35歳女性が絶対に伝えたいこと

「IT業界では、学歴は関係ない!」

「母は統合失調症でした。私が小学校に上がった頃から幻聴や被害妄想の症状が出て、外に対しても“監視しているのか”と、異常なことを日常的に言い放つようになって、小学校では私に対するイジメが始まりました。母親は平気でクラスメートに対して“あんたのお母さん人殺しだから”とか叫ぶ。ヤバイです。当然、いじめられる。小学校6年のときには、もう学校に行けなくなりました。不登校です」

母親公認で小学校を不登校

母親は不登校を心配する担任が訪ねると、鬼のような目をして「人殺し!」と追い返した。娘を守るという大義名分で、母親公認で小学校へ行かなくなった。母親はパートも解雇になった。不登校の小学生、無職の母親、認知症の祖母の3人家族が狭いアパートに閉じこもる生活が10カ月間ほど続き、小学校卒業間際、平田さんは突然やって来た児童相談所に保護された。

「母親は警察と役所の人に捕まって精神病院に強制入院になって、私は児童相談所の一時保護、祖母は特養老人ホームに措置入所になりました。母親は何も頼るものがなかったのでしょう。当時、今の私と変わらない年齢で、そういう状態の親と子供を抱えたら、その負担感は想像もつかない。結局、私は児童相談所から児童養護施設に送られて、そこで暮らすようになりました」

児童養護施設は都道府県に590施設あり、乳児から18歳までの2万7468人の児童が入所する(2014年厚生労働省調べ)。平田さんは大舎制と呼ばれる50人近くがいる大規模施設に入り、同じような境遇の子供たちとの共同生活となった。

「中学校は休まずに通学しましたけど、もちろん普通の家庭みたいな自由はないです。親がいなかったり、虐待された子供が集まるので、非行に走る子がすごく多い。私は非行には走らなかったけど、ひねくれていました。起床時間、消灯時間、あと、この時間は必ず勉強とか規則がたくさんあって、反発して施設を抜けだしたり、万引きしたり、学校や施設で先生とトラブルを起こす子供は本当にたくさんいた」

小学校6年生で家族がいなくなり、頼れる親族は誰もいなくなった。平田さんは生涯孤独な身、ということを自覚した。施設では「みんなのお父さん、お母さんになる!」と熱く接する職員はたくさんいたが、「他人なのに、家族になんかなれるわけがない。施設の先生たちは自分の自己実現のために、私たちを利用しているだけ」と、心はつねにさめていた。

「若い職員さんは熱血的な人が多かった。今でいう意識高い系ですね。全然救えないです。子供と真っ向からぶつかり合うとして、結局、子供に殴られて大泣きして辞めるとか。当時、鬱憤を勉強で晴らしていたので、成績だけはよかった。施設に行くような子って、半分くらいが公立高校には学力的に進学できないのです。なぜか私だけは特例で、私立高校に行かせてもらった。施設が期待した公立のトップ高校に行きたくない、熱い人たちの期待に応えたくないという理由で、公立高校はわざと落ちました」

次ページなぜわざと公立高校を落ちたのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。