(第2回)セルフリーダーに溢れる企業とは

内田隆

 前回は21世紀のビジネスパーソンの必須スキルと言われるセルフリーダーシップ力とはどんなもので、いまこそ求められている社会的背景を紹介しました。

 セルフリーダーシップ力とは、自分の目指す何か大切なもののために自ら考え決断し行動し実現する能力セットのことです。例としては下記のような能力を持つことです。

自分のキャリアパス・自己成長の戦略を自身で描き実現する能力
周りの声に惑わされることなく、いまの自分がやるべきことを自身で判断できる選択能力
常にモチベーションを保ち、短期・中期・長期いずれでも成果を出し続ける能力
自分自身を思うように導き輝くことで、自然と評価され周囲のお手本になる能力
知識だけでは突破できない現実を越えられる能力
人を変えることよりも、まずは自分が変わることに集中できる自己責任の能力
 誤解していただきたくないのは、セルフリーダーシップとは「自分のことだけを考えれば良い」「自由に好き勝手に振舞いなさい」「やりたいことだけをやりなさい」という意味ではありません。
 かつて福沢諭吉は『学問のすすめ』で「一身独立して一国独立す」と述べました。数十年変わらぬリーダーの最も大切な資質のひとつに周囲をインスパイア(周囲の人に、自分もやってやろうという気持ちを起こさせることができる)力があります。セルフリーダーシップには「自分を導きながらこのインスパイア力を発揮し周囲のお手本となってください」という意味がこめられています。セルフリーダーシップ力を獲得・強化することで、一身独立(社員力)して一国独立(企業力・組織力)することが実現すべきゴールです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。