(第4回)イチローに学ぶ成功者の秘訣

内田隆

 成功する人は必ずチャンスを上手に見出し活かしています。35歳にもなれば、これまでにチャンスを活かせた経験や逆にチャンスを見過ごしてしまった失敗談を持っている人も多いと思います。また「あの先輩はチャンスを次々とつかんでいるのに、どうして俺にはチャンスが巡ってこないのだろう?」と疑問に思った経験を持っている人もいると思います。

 自分経営においては、チャンスを見つけ活かせるかどうかは本人にかかっています。実はチャンスはあなたの周りにたくさん転がっています。成功するかどうかは、チャンスが見えるかどうか(チャンスの発見)、そして活かせるかどうか(チャンスの成功確率)の差でしかありません。

成功する自分経営=チャンスの発見×チャンスの成功確率
 実は私たちは、チャンスに出合う回数を自らの意志で多く持ち、出合ったチャンスを素晴らしい確率で活かしている人物を知っています。それはイチロー選手です。

 イチローが素晴らしいのは、打席に立ち続け、かつ打率が高いということです。打席に立たなければチャンスは巡ってきませんし、立った打席をきちんと活かせる技術がなければ高い打率を残せません。そして結果として前人未踏のシーズン最多安打を達成できません。イチローが素晴らしいのは、シーズン最多安打と首位打者の両方を同時に達成できることです。どちらか一方で満足せず、両方を同時に満たそうと自分を律することで、より高い成果をあげているのです。
 首位打者を目指すならば、打席に立たないほうが得なこともあります。ですが彼は打席に立つ勇気を持ち続けているのです。つまり高いレベルでモチベーションを維持し続けている思考の持ち主なのです。
 そして高い確率でヒットを打つ(成功する)技術も持ち合わせています。
 思考と技術というこの二つを兼ねて鍛えていることで、彼はスーパープロフェッショナルなのです。

イチローの成功要因=打席に立ち続ける(チャンスの数)×打率(成功確率の高さ)
=チャンスに立ち向かう優れた思考×チャンスを活かす高い技術
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT