住み込みのメイドさんを雇う日本人の本音

「メイド大国」シンガポールの事例に学ぶ

シンガポールでメイドさんを雇う日本人の方々に本音を聞きました

※前回記事:凄すぎる!シンガポールの「メイド大国」事情

「自宅にあるお金やものが盗まれる」「男の人を勝手に家に連れこんだ」「見えないところで子どもを虐待していた」。

シンガポールに住んでいる人であれば、よく耳にする外国人メイドさんに関する悪いうわさだ。

この話だけを聞けば、メイドさんを雇うことを躊躇する人もいるだろう。しかしシンガポールでは、実に約5世帯に1世帯が住み込みの外国人メイドさんを雇っている。

シンガポールでメイドさんとして働く女性は、インドネシア人がいちばん多く約12万5千人。次いでフィリピン人約7万人、ミャンマー人約3万5千人である。その他タイ、インド、スリランカなどさまざまな国籍の女性が働いている。

他人、ましてや外国人が自宅に入ることへの抵抗感。本来、自分がやるべき家事や育児を依頼することへの罪悪感。さらにコミュニケーションは、英語が基本。

外国人メイドさんと同じ屋根の下で暮らすことは、たやすいことではないと感じる人も少なくないだろう。

そこで、シンガポールで外国人メイドさんを雇っている日本人女性5名に集まっていただき、座談会を開催。メイドさんとの生活について語ってもらった。

【参加者プロフィール】
Aさん:フィリピン人を雇う4児(13歳、10歳、7歳、3歳)の母。パートタイム勤務
Bさん:フィリピン人を雇う1児(1歳)の母。フルタイム勤務。
Cさん:ミャンマー人を雇う2児(3歳、1歳)の母。主婦
Dさん:インドネシア人を雇う2児の母(8歳、5歳)。フルタイム勤務
Eさん:インドネシア人を雇う2児の母(5歳、2歳)。週2日パートタイム勤務

「雇わない」ではなく「いかにいい人を雇うか」

――メイドさんを雇うことに抵抗はありませんでしたか?

Bさん:雇う前に、メイドさんとハッピーに暮らしている友人宅に行き、イメージを膨らませました。最初は他人が家にいることに違和感がありましたが、朝起きたら、家がピカピカで感動しました。1週間もしたら慣れました。

次ページメイドさんにお願いするのはどんな仕事?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT