住み込みのメイドさんを雇う日本人の本音

「メイド大国」シンガポールの事例に学ぶ

Dさん:日本はどうしても女性が我慢をするという文化が根付いていると思うんです。でも、ママがハッピーだと、家族がハッピーになる。夫にとってもその方がいいと思う。アウトソースできるものはしてかまわないと思っています。

Eさん:メイドさんがいなければ、子どものお風呂もご飯もとにかく「早く終わらせる」ことだけに一生懸命になってしまう。ゆとりがあるからこそ「子どもと2人の時間を持ってあげよう」と積極的に思えるようになりましたね。

必要なのはマネジメントスキル

以上、メイドさんを雇っている5人の方々に語ってもらった。デメリットについての声もあったが、メリットも多く感じられるものだったのではないだろうか。

同じ日本人、ときに家族であっても、誰かと暮らしていくのは簡単なことではない。外国人メイドさんとなれば、ますます難しく、マイナートラブルはつきものだ。それでも彼女たちは、トライアンドエラーを繰り返しながら、メイドさんを、そして家庭をマネジメントしていた。

日本では人材不足やコストの問題もあり、メイドさんを雇うのは容易でないのが現状だ。しかし、共働き家庭が増え日々慌ただしい生活を送る人も増える中で、生活にゆとりが生まれるというメリットは大きい。もし安心できるサービスや人が見つかるなら、試しに取り入れてみるのもいいのかもしれない。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT