インドネシアでは上司に話しかけちゃダメ?

「報告・連絡・相談」も邪魔なだけ

よくBesok(ベソック:明日)という言葉を使いますが、これは実際には明日ではありません。来週や来月であることもあります。そのときにも「その明日は、具体的にいつですか? 来週ですか? 来月ですか?」と詳しく聞いてみてください。

――その文化はどこから来ているのでしょうか?

イスラム教徒が多いが、有名なボロブドゥール遺跡は仏教寺院

スハルトさん:私たちはずっと昔からTogetherness(連帯感)の文化を持っています。個人主義ではなく、集団や家族をとても大切にするのです。

イスラム教からの考えというより、もっと前かもしれません。世界最大級のボロブドゥール遺跡が仏教寺院であることからもわかるように、インドネシアはイスラム教よりも前に広がった、ヒンドゥー教や仏教の影響も受けています。その頃からずっと「人の気持ちを思いやる」というのが続いて今に至っているのです。

人が困っているときはその人を見舞って、思いやる気持ちを見せなければいけません。そうしないと、その人を無視していることになります。

報酬よりも、つながりの深さが大事

――たとえばですが、部下が入院したりした場合はお見舞いに行くべきでしょうか?

スハルトさん:はい。そうしないと無視されたと思われてしまいます。上司と部下のつながりはとても大切なのです。

日本の企業でもぜひしてほしいことは、スタッフの家族みんなとの旅行やピクニックです。会社の規模にもよりますが、1カ月に1回、もしくは2カ月に1回ぐらい、インドネシアでは家族も一緒にピクニックをするなどして、集まって一緒に過ごします。その時間を過ごすことでつながりが深まり、信頼関係ができるのです。

インドネシア人の多くは報酬よりも、そのつながりによって会社に対して忠誠心を持ちます。報酬が低くても、つながりが深いことで幸せに暮らしている人はとても多いです。

――ほかに日本ではあまり行わないことで、必ず行わなければいけないことはありますか?

スハルトさん:インドネシア人の多くはイスラム教徒ですので、ラマダン(断食月)に断食を行います。ラマダンの終わりにはIDUL FITRI (イドゥル・フィトゥリ、イスラム教のお正月)のお祝いが始まり、人々は最低2日の休みを取り、日本のお正月のように親族がみんな集まるのです。そのときには必ず、企業は従業員に対して特別手当を支払わなければいけません。

次ページ挨拶の作法は、地域によってさまざま
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT