インドネシアでは上司に話しかけちゃダメ?

「報告・連絡・相談」も邪魔なだけ

――でも、部下だけでは解決できないときにはどうしたらいいですか?

スハルトさん:そういうときには、上司のほうから部下のところに行って、「何か問題があるのか? 手助けをしようか?」と話しかけなければいけません。そうすると、みんな問題を相談してきます。

その際にも、問題を報告してこなかったことを責めるのではなく、解決しようとした姿勢を評価しなければいけません。部下が報告をしてこないのは、上司を敬ってのことなのですから。

これは会社だけではなく、家族の中でも同じです。たとえば、家族では父親がリーダーです。兄弟同士でけんかがあれば、子どもたちはまず両親に話をする前に、自分たちで解決しようとします。父親の役割は子どもたちがどうしているか、問題が起こっていないか観察をすることです。

インドネシアでは、上司は父親のように部下をよく観察して理解し、必要なときには上司の側から声をかけることが求められます。ですので、日頃から状況をよく見ていなければいけません。

もし、誰かの失敗がわかったとしても、他の人の前で叱ってはいけません。インドネシア人は対立したり、人の気分を害することをとても嫌うのです。人前で叱ることはその人をとても傷つけます。

かならず個別に呼んで、他の人がいないところで話をしなければいけません。インドネシアではフレンドシップとつながりがとても大切です。

そのYesは、本当にYesですか?

それから、インドネシアでは感情をコントロールできなければいけません。怒りを表すことは、自分の弱さを見せることだと言われています。例外的に、怒りを表すことで強さを示す地域もありますが、基本的には怒りはコントロールして外には出しません。

――インドネシアの人は直接的に“NO”をあまり言わないそうですね。NOを表す言い方が10以上あるとか?

スハルトさん:最初の「おもいやり」が切り離せないという話になります。インドネシア人は、摩擦を起こしたり、争うことを嫌うので、Indirect(間接的)に物事が進みます。それが言葉にも表れます。

たとえば好きではないものに対して「好きじゃない」とは言わず、「他のものがいいんじゃない?」と言う。また、どこかに誘われたとしたら「また後で」とか「今はそのときではない」と答えます。NOと言って相手に不快な思いをさせたくないのです。

ですので、まずはYes、Noで答えを求める質問ではなく、意見を聞く質問をするようにしてください。また、答えがわかりにくいときは「そのYesは、本当にYesですか?」と何度も詳細を聞いてください。そうすればだんだん本音が出てきます。

次ページなぜ本音を言わないのか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 買わない生活
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT