インドネシアでは上司に話しかけちゃダメ?

「報告・連絡・相談」も邪魔なだけ

――ジョークはどんなジョークを言うのですか?

スハルトさん:一般的には仕事についてのジョークが多く、宗教や上司について、他の民族についてなどの話題は避けます。人を傷つけるような内容のものはもちろんダメです。

地位を知るため、立ち入った質問をすることも

――インドネシアの人は初対面でも出身や年齢、学歴、家族構成、収入など、とても個人的な質問をするとか?

スハルトさん:はい、それも上下関係と関係しています。その人がどういう地位の人かを知らなければいけないので、かなり個人的なことを聞きます。いろいろなところで間接的な文化なのに、そこだけは直接的なのです。それは相手のステータスを知って、敬意を払うためだと思って答えてください。

――インドネシアの方はとても迷信深いとも聞きます。以前は病気になっても病院に行くのではなく、ドゥクンという祈禱師によって治すこともあったそうですね。

スハルトさん:はい。もちろん、最近は医学が発達しているので病院に行きますし、漢方のようなもので治療することもあります。地方の一部では、まだドゥクンにかかるところもあるようですが、インドネシアの人口の半分が若い世代ですから、そのような習慣はなくなってきています。

ですが、迷信深いところがビジネスにも現れていることがあります。たとえば、ジャワの人は独自のカレンダーを持っています。結婚するときは、2人の誕生日からいちばん結婚に適した日を選び、結婚します。

それと同じように新しくビジネスを始めたり、オフィスを変えるときなども時期を考えます。必ずではありませんが、契約を結ぶ日も選ぶため、契約がすぐ行えず、待たなくてはいけないときもあります。

――そこでもゴムのように柔軟でなくてはいけないのですね。迷信に関連して、行ってはいけないしぐさや習慣などはありますか?

スハルトさん:迷信ではありませんが、頭を触ることです。頭は神聖な場所なので、触ったりたたいたりしてはいけません。それと女性を触ること。イスラムの世界では異性同士で、握手など触ることはしません。

次ページランチに誘ったら、全額こちら持ち?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT