次の相場の山で儲ける法、教えます

国債バブルがはじけるとき

しかし、それを分析するのは、現時点の学問には無理だろう。なぜなら、私が売るか買うかは、あなたが売るか買うかにかかっており、あなたが売るか買うかは、他の投資家たちが、明日、あさって、来年、売るか買うかにかかっているからだ。

「厄介な人々」に惑わされるな

これらのダイナミズムを分析するのは、現時点の学問における理論モデルからは程遠い。2008年のリーマンショックにより、バブルの重要性が再認識され、米国の一部の行動ファイナンス理論は、この方向に大きく舵を切りつつあるが、まだ道半ばというよりは、千里の道を一歩踏み出した程度だ。

第三の話は、少し脇道にそれるが、行動経済学者よりも役に立たない、いや、学者は役に立たないだけだが、有害な人々がいる。それは一流半のコンサルタントたちだ。二流のコンサルタントは、ましだ。

なぜなら、言っていることが間違っていることがすぐにわかる。頭が悪いから、論理の破綻が明らかか、明らかに現実に矛盾することを言っている。だから、我々をだますことはできない。なので、彼らは無害だ。

しかし、その上のコンサルタントはやっかいだ。頭が良いから、論理はきれいにつながっている。また、パワーポイントのプレゼンも見事だ。

問題は、そのきれいな論理が、現実と整合的かどうかということだ。いや、さすがに整合性がない、破綻が見えてしまうようなロジックは言わない。論理はきれいだが、それが真実かどうかわからない。しかし、きれいな論理で、われわれよりも頭が良いから、思わず説得されてしまう。説得されたという意識もなく、なるほど、そのとおりだ、と思ってしまう。これは厄介だ。

これはコンサルタントに限らない。たとえば、ノーベル経済学賞を受賞しているポール・クルーグマン。彼は、とことん財政出動せよ、と言っていたが、これは実際にはとことんはできないから、必ず彼の提言は誤りとならない。

政府が財政出動で経済の回復に成功すれば、自分の言ったとおりだし、財政出動がうまくいかず、財政赤字だけが膨らめば、それはとことんやってないのがいけない、中途半端だった。もっとやれば、突き抜けて経済が回復したのに、ということになる。

今流行のリフレ派も同じだ。どんなに金融緩和しても、普通のモノはインフレにならない。消費者物価にしても、円安による輸入インフレ以外はインフレにならない。だが、すぐに資産インフレにはなる。

そうなると、金融は引き締めに転じないといけない。そうすると、日銀が引き締めに転じるのが早すぎたのだ、という批判ができる。これが2006年の量的緩和解除、ゼロ金利解除のときに起きたことだ。しかし、世界は確実にバブル崩壊へ向けて、金融バブルをさらに膨張させていたのだ。

次ページ筆者からお年玉ならぬ宿題が・・・
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT