白川総裁は安倍政権の圧力をかわせるのか

明日の日銀金融政策決定会合を予測する

昨年12月の金融政策決定会合で図表を使って説明する日銀・白川総裁

  

哀れである。

ここまで、政治に蹂躙されるとは。しかも、今や、こうやって哀れんでくれるのも、私ぐらいになってしまった。

日銀よ。今、何を思うのか。

今日21日と明日22日は、日銀金融政策決定会合である。そこで、白川方明総裁は、政治からの圧力をどう報告するのか。お通夜のような雰囲気なのか。娘を売った後の父親のような気持ちなのか。白川総裁および日銀の理事などの日銀プロパーのスタッフたちがどういう気持ちでいるのか。

それを考えることによって、明日、発表される政策および、共同文書といわれるものの内容、さらには、発表の記者会見での政治家たちと白川総裁の立ち居振る舞い、そして、彼らのギャップ、さらには、それに対する投資家たちの反応。これらを予測してみよう。

白川総裁は辞任しない

「白川総裁は、なぜ辞任しないのか」。
外資系金融関係者の勉強会でこう聞かれたことがある。

彼は、辞任しないし、これからも辞任しないだろう。白川総裁は、任期満了まで、彼の信じる現状でのベストを尽くそうとするだろう。

彼の考える現状でのベストとは何か。

まず、政治に政治的な抵抗はしない。それは政治が苦手であるだけでなく、政治には抵抗するものではないと思っているからだ。彼は、政治の圧力を、政治家のニーズ、国民のニーズととらえているだろう。

次ページ白川総裁は任期満了までベストを尽くすはずだ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。