日銀が最悪の結末の中で死守したもの

2%の物価安定目標に秘められた真実

「最悪の結果」に見えた金融政策決定会合。だが「金融政策の要」は守った(撮影:尾形文繁)

 

 日銀金融政策決定会合(21~22日)後、日銀はインフレターゲット2%の導入を発表した。しかも、「できるだけ早期に」実現することを目指す。

最悪の結末の中で「守ったもの」とは

これは表面上、日銀は完全に政治に屈したことになる。白川方明日銀総裁は屈することはなんとも思っていないはずだが、適切でない目標を早期に実現することを目指さなければならないわけだから、これはある意味、最悪の結末だろう。

一方、最悪の結末の中で、できる限りの抵抗を試みた。抵抗とは、政治主導に対する抵抗ではなく、身を守ると言う意味での抵抗だ。ここは、白川氏の体裁に一切こだわらないところが功を奏した。

日銀がこの目標を達成しないときの罰則がない、などとくだらない指摘をしている評論家的な人もいるが、そんなところを抵抗したのではない。怒られないように、首にならないように、などといった下世話なことを考えるのは、これらの評論家の器が小さいからで、白川氏にはそんなくだらない発想はない。

彼は、本質的なところ、学問的なところ、金融政策の要を守ったのだ。

次ページ「金融政策の要」とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT