日銀が最悪の結末の中で死守したもの

2%の物価安定目標に秘められた真実

「物価安定の目標」が意味するもの

それは、「物価安定の目標」としたところだ。物価水準目標でも、物価上昇率目標でもない。物価を安定させるのが目標なのだ。物価を持ち上げるのが目標ではなく、インフレを加速するのが目標でもない。

将来的に、物価上昇率が2%で安定することが目標なのだ。

素晴らしい。

しかも、早期に、ではなく、できるだけ早期に、だから、安定するのを最大限頑張って早期にするのが目標だ。だから、これは実質的には長期だ。

短期に、一時的に物価上昇率2%にするのは簡単だ。2008年にもそれはおきた。輸入インフレ、資源インフレだった。そうではなく、持続的に2%を維持すること、それが必要だ。それは政治家もわかるだろう。しかし、持続的に2%というのは、普通は、1.8、1.9、2.0、2.1,2.2……と加速しながら、2%の付近であるということだ。どうしてもトレンドになり、物価上昇率の上昇が続いている状態だ。これは「安定」とはいえない。

次ページでは「物価の安定」とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。