日銀が最悪の結末の中で死守したもの

2%の物価安定目標に秘められた真実

「物価安定の目標」が意味するもの

それは、「物価安定の目標」としたところだ。物価水準目標でも、物価上昇率目標でもない。物価を安定させるのが目標なのだ。物価を持ち上げるのが目標ではなく、インフレを加速するのが目標でもない。

将来的に、物価上昇率が2%で安定することが目標なのだ。

素晴らしい。

しかも、早期に、ではなく、できるだけ早期に、だから、安定するのを最大限頑張って早期にするのが目標だ。だから、これは実質的には長期だ。

短期に、一時的に物価上昇率2%にするのは簡単だ。2008年にもそれはおきた。輸入インフレ、資源インフレだった。そうではなく、持続的に2%を維持すること、それが必要だ。それは政治家もわかるだろう。しかし、持続的に2%というのは、普通は、1.8、1.9、2.0、2.1,2.2……と加速しながら、2%の付近であるということだ。どうしてもトレンドになり、物価上昇率の上昇が続いている状態だ。これは「安定」とはいえない。

次ページでは「物価の安定」とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。