日銀が最悪の結末の中で死守したもの

2%の物価安定目標に秘められた真実

物価安定とは、2.0周辺でぴたっと止まっている状態だ。誤差や、多少のぶれはあるが、2%を軸に安定していると言うことだ。その状態に落ち着くには、時間がかかる。その前にオーバーシュートする可能性もある。

そうなってくると、2%で安定させる、というのは理論的にも、金融政策の実務的にも「正しい」目標となる。意図的に「2%にする」のは、正しくない。わざとインフレ率を上げるのは望ましくない。しかし、経済が正しい姿に戻ったときに、物価上昇率は2%を軸に安定している、というのは正しい状態であり、それを目指すのは「正しい」のだ。

白川総裁、そして、日銀は、金融政策として「正しい」目標を設定することに成功したのだ。政治家が満足するという制約条件を満たしつつ。

素晴らしい。

今後も、おそらく3月末までだろうが、白川総裁の「正しい」金融政策を追求する手腕に期待し、その姿に私は感銘を受けることになることが予想される。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。