次の相場の山で儲ける法、教えます

国債バブルがはじけるとき

正月ということで、今回はお年玉企画。次の相場の山で儲ける方法をあなただけにこっそりお教えしよう。

相場で儲けるための4つの「金言」とは?

第一に、まともな経済学者の言うことを聞いてはいけない。なぜなら、相場はまともな経済理論では動かないからだ。

第二に、立派な行動経済学者の言うことを聞いてはいけない。なぜなら、彼らは金儲けではなく、心理学に興味があるのであり、人間心理としての高尚なトピックにしか興味がないからだ。

第三に、文章のうまいインテリのコラムを読んではいけない。なぜなら、彼らは、いかようにも解釈できる現象を、真実であるからではなく、文章が巧みに書かれていることにより、彼らの望んだストーリーで説得してしまう能力があるからだ。

したがって、相場で儲けるためには、この3つのカテゴリーの人々の話を聞かなければよい。

では、上記のいずれにも当てはまらない筆者が連載しているこのコラムは?

最後のアドバイスは、第四に、知的好奇心を刺激し、それを満たすような話を求めてはいけない。知的好奇心を持ったままでは、市場で儲けることはできない。それを捨てよ。知的に読み応えのあるコラムは読んではいけない。

だから、ここから先を読むあなたは、金融市場で、いや相場で儲けることを諦めた方だ。私は、そういう前提で、今日の話を続けることにする。

次ページ儲けることは放棄できないかもしれないが、読み進めよう
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。