次の相場の山で儲ける法、教えます

国債バブルがはじけるとき

正月ということで、今回はお年玉企画。次の相場の山で儲ける方法をあなただけにこっそりお教えしよう。

相場で儲けるための4つの「金言」とは?

第一に、まともな経済学者の言うことを聞いてはいけない。なぜなら、相場はまともな経済理論では動かないからだ。

第二に、立派な行動経済学者の言うことを聞いてはいけない。なぜなら、彼らは金儲けではなく、心理学に興味があるのであり、人間心理としての高尚なトピックにしか興味がないからだ。

第三に、文章のうまいインテリのコラムを読んではいけない。なぜなら、彼らは、いかようにも解釈できる現象を、真実であるからではなく、文章が巧みに書かれていることにより、彼らの望んだストーリーで説得してしまう能力があるからだ。

したがって、相場で儲けるためには、この3つのカテゴリーの人々の話を聞かなければよい。

では、上記のいずれにも当てはまらない筆者が連載しているこのコラムは?

最後のアドバイスは、第四に、知的好奇心を刺激し、それを満たすような話を求めてはいけない。知的好奇心を持ったままでは、市場で儲けることはできない。それを捨てよ。知的に読み応えのあるコラムは読んではいけない。

だから、ここから先を読むあなたは、金融市場で、いや相場で儲けることを諦めた方だ。私は、そういう前提で、今日の話を続けることにする。

次ページ儲けることは放棄できないかもしれないが、読み進めよう
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。