次の相場の山で儲ける法、教えます

国債バブルがはじけるとき

さて、本当に相場で役に立つのは、前出の第四の金言だ。相場で儲けるには知的好奇心はいらない。明らかなチャンスのとき、どう見ても確実に儲かるときに買い、早めに売ることだ。何の知的作業もいらない。もっと儲けられたのに、という後悔を資産運用の辞書から消し、かっこよく自慢できる儲け方を追求することを忘れることだ。

今の日本で「リーマン」にあたるものは何か

今回で言えば、アベノミクスで円安、株高が始まったときに買い、投票日の前の週末に少し買い増し、選挙後の月曜日に売ればよかったのだ。

これは後付けではない。いちばん易しい投資機会は、モーメンタムの中腹にある。バブルが始まったら、そのバブルに乗り、そのバブルがまだ続きそうなときに止めるのが、投資の最も安全な儲け方だ。ただし、これは大きなチャンスを逃す。なぜなら、バブルは後半ほど、終わりに近づくほど激しく上昇するからだ。

もちろん、これを取りに行く、という手もある。なぜなら、膨らんだバブルは一発では崩壊しないからだ。崩壊してから逃げるチャンスは一度はある。

リーマンショックのときは、07年8月のパリバショックがあり、あそこで明らかにバブルは終わっていた。それにもかかわらず、07年10月頭にNYダウは最高値を更新した。このときに逃げることができた。

なぜ、このようなチャンスが生まれるかというと、バブルのときは、全員が投資するから、一気に崩壊しては全員が困るためだ。そして、バブルであることはわかっているから、逃げる準備は皆していることで、うまく徐々に逃げる暗黙の了解があるからだ。

リーマンショックは、その期待を裏切った。逃げる準備はできていたが、リーマンを潰す、と言う形でいきなり終焉するのは、暗黙の了解違反だったからだ。

日本国債はバブルかもしれない。私はこれまではバブルではなかったと思っている。だが、円安トレンドが確立すれば、今の水準は維持できない。当然、皆逃げる準備をしている。ただし、暗黙の了解で、少しずつ逃げるだろう。

したがって、今、政府がしてはいけないことは、いきなりリーマンを潰すことだ。それが今の日本では何に当たるか。

それは皆さんへの宿題である。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT