アルファロメオ復活のFR「ジュリア」の正体

豪快な加速と野蛮な音質で、意のままに走る

まずは、マニアお待ちかねのトップグレード、“クワドリフォリオ”からリポートを始めよう。

クワドリフォリオの要点

トップグレードのクワドリフォリオ

クワドリフォリオの要点は、0-100km/h加速3.9秒、ニュル北ラップ7分39秒という、現時点で世界クラストップ、どころか、リアルスポーツを脅かすほどのパフォーマンスを叩き出す源泉ともいうべき、パワートレーン、軽量化(ルーフとボンネットがカーボン)、電子制御、スタイリング、の4つに絞られる。

なかでも、510馬力を標榜するV6ツインターボエンジンには、誰もが注目していることだろう。フェラーリのエンジニアリングを活用、と発表時にはアナウンスされていたが、活用どころの話じゃない。これはもはやピュアなマラネロエンジンだ。フェラーリが設計に深く関わり、マラネロのフェラーリ工場内エンジンファクトリーで量産されるV6で、予想に反して、マセラティ向けの60度3リッターV6ツインターボとはまるで異なっている。

510馬力を標榜するV6ツインターボエンジン

90度直噴V6ツインターボは1気筒あたり排気量481ccの2.9リッターエンジンで、カリフォルニアT用90度3.9リッター直噴V8ツインターボのボア×ストロークとまったく同じ。正確に3/4なのだ。その他、電子制御技術やエアロダイナミクスにもフェラーリのテクノロジーが活用されている。

つまり、ジュリア“クワドリフォリオ”は、ディーノ・サルーンというべき存在だった!

本国の左ハンドル仕様

本国左ハンドル仕様にはゲトラグ製6MT仕様も用意されていたが、撮影用に試乗した限りでは、“ホレボレする”と言いたくなるほどのマニュアルギアボックスでは、正直、なかった。500馬力オーバーのFRを、手足を駆使して操るという醍醐味はもちろんあるだろうし、それを自分のものにしていくプロセスも楽しみのひとつだと“マニュアル派”のボクは常々思っているが、クワドリフォリオ用ではクラッチやシフトのフィールにキレがなく、いかにも大パワー車用という感じがにじみ出ていた。

次ページレースモードを試してみる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT